​腰椎分離症・腰椎すべり症

*腰椎が滑る症状

 腰椎分離・すべり症とは、脊柱を構成している背骨が、下位の背骨に対して前方にズレている状態を言います。

 これにより、滑った骨が神経と接触し、神経症状が出るものを言いますが、その殆どが腰椎部で発症します。腰椎は下半身の神経を養っていることから、腰痛や下肢への痺れなどが発症します。

 また、脊柱の内部を通る管には、脊髄が走行していますが、この管を狭窄する現象から、広義で「脊柱管狭窄症」と呼ばれることもあります。

 レントゲンで「すべり」が発見されても、全く無症状のことも少なくありません。脊柱には生理的彎曲(自然の湾曲)が存在し、頚部では前彎、胸部では後彎、腰部では前彎をてバランスを取っています。この彎曲が存在することにより、腰椎の椎間板にかかる荷重は、重力による垂直方向から前彎により傾斜が生じ、下の図の赤矢印のように前方への力へと変わるのです。

 ここで何らかの理由により、腰椎がその位置を維持する事が出来なくなると、腰椎すべり症となるわけです。

 腰椎が滑る原因は関節突起(上図)の分離によるもので、これを「腰椎分離すべり症」といい、分離がなく腰椎の変性が主因の場合は「変性すべり症」。先天的に腰椎に奇形や脆弱性がある場合は「形成不全性すべり症」という分類ができます。

 また、外傷や腫瘍・感染や骨破壊によりすべり症となることも稀にありますが、その場合は自覚症状が他にも出ているのが通常です。

 

 多くは、中学生から高校生で、運動を行う子に発症します。これは、骨がまだ成長期にあって、完全な硬さを有していないからです。そこへ激しい運動を繰り返し行うと、運動負荷が腰椎(関節突起)椎間板へ加わります。これによって、一種の疲労骨折のように腰椎が分離を起こしてしまうのです。

 

 おおよそ、若ければ筋肉が発達していますから、腰椎の分離だけ、あとは筋肉が保持してくれますが、酷い場合にはそれがすべりを起こして神経圧迫が始まり、脊柱管狭窄症へと進行してしまいます。

 自覚症状は、腰痛、下肢痛、痺れが生じます。動作時に痛みが出現し、神経圧迫があれば、脊柱管狭窄症の症状(筋力低下など)が生じます。
 

 また、これらの腰痛や下肢痛は、腰が反る状態で増悪することが多いです。

 すべり症の検査はレントゲンが一般的ですが、これによって、腰椎にすべりが生じているか、分離が起きているかの診断ができます。

 

 レントゲンは正面、側面、斜面の3方向から撮影され、特に斜面から映像が重要視されます。

 

 斜面からの映像では、椎骨の後方にある関節突起が分離により首輪をした犬(スコッチテリア犬)の様に写るので有名ですが、こちらは整形外科等で診断を受ける必要があります。

*保存療法となった場合


 診断はお近くの整形外科で行って頂くことになりますが、そこで保存的な経過観察を提案された場合、源整院の整体をオススメします。

 

 通常症状にもよりますが、安静の指示と、腰に負担のかかるスポーツや作業は禁止され、痛みを抑えるために投薬を行うこともあるようです。しかし、当院の整体では全く違ったアプローチを行います。

 まず、分離滑りを起こしている患部を施術することはありません。

 重要なのは、脊柱の全体性です。

 特に骨盤の真ん中の仙骨という骨は、時間をかけて施術することになります。何故ならば、下の図にあるように、仙骨は腰椎の土台であって、腰椎全体の傾斜に影響を与えるからです。

 この部分が自然な状態にあれば、仮に腰椎が分離をしていたとしても、患部にダイレクトに応力が加わる事を防止できます。

​*予防の意味合いでも

 一旦分離してしまったものは、そう簡単には修復しませんし、年齢によっては一生その状態で生活をしなくてはならなくなります。そういった意味でも、特に運動を沢山する学生さんには、「背骨の歪みを溜めないこと」が重要です。

 当院の整体は、仙骨の調整を得意とした整体で、これは内臓の働きと関係しています。また、仙骨の両側についた腸骨という骨も重要です。こちらについては「骨盤の歪み」のページでご紹介しておりますので、併せてお読み頂ければ幸いです。

 また、背骨の全体のS字彎曲は、なにも腰部に限ったことではありません。それぞれがそれぞれの彎曲に影響を与えています。例えば、頸椎のズレによって、頸椎の湾曲が減少していた場合、胸椎の彎曲にも腰椎の彎曲にも影響を与える事になります。患部は限局部位ですが​、負担の掛かる原因は全体性でもあるのです。

​源整院 琴似の場所
​・駐車場あり/地下鉄東西線「琴似駅」最寄り駅

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin