他にはない独自の整体理論

*体が劇的に変わる内臓整体

 

 源整院の整体は、一般的な整体とは違って「骨組み」や「筋肉」の調整の他に「内臓」の機能を活性化させる高度なテクニックを使用します。なぜ、骨格の痛みやしびれといった症状で内臓の調整を行うのか不思議に思われることもよくありますが、骨のズレや筋肉の緊張の大部分は、内臓の調整をすることで劇的に改善します。これは人間の神経機能の習性を利用したテクニックだからです。これまで改善しなかった症状にも是非お試しください。

*発生学的に重要な内臓

 なぜ骨格や筋肉よりも内臓が重要なのかと言いますと、生物の発生と進化の課程を遡れば、原始では骨格というものは備わっていませんでした。しかし、めまぐるしく変わる多様な環境に適応するために、生物は海から陸へ移動し、地上を走り回り、捕食する機能が必要となりました。それにより、次第に4つ足から2足歩行に骨格や筋肉が進化して今の人間にたどり着きます。

 骨が硬いのには理由があります。建築物でいうと「ハリ」のような役割で、体重を支えるという働きをしています。そしてもう一つは「内臓を保護する」という重要な役割です。

 

 全身には無数の神経が走行しており、これによって反射という見事な機能を獲得しました。これにより、内臓の位置異常でも無意識に骨格や筋肉が縮こまったり、硬くなったりして、内臓を守ろうとする防御反射を身につけました。。

 揉んでも一時的にしか改善しない理由はまさにそのためで、当院では、この「筋肉や骨格が硬くなる生物学的な理由を追求し根本から体を治癒に導く施術」を行っています。

 自然はいつも無駄なく必要最低限で最適な適応能力を兼ね備えています。

 

 生命活動で最も優先的に守らなければならないのは、心臓です。骨格や筋肉はこの生命活動を守るため、反射機能を駆使しています。つまり、筋肉のコリや関節の痛みの部位を一生懸命に緩めても、この反射による硬さは決して緩まることはありません。守るべき部分が正されていないわけですから、コリは必死な生命活動なのです。

​*体の自然力を損なう原因

 私たちの体は機械とは違い、あらゆる部分を修復する機能を兼ね備えています。それは片時もサボることなく、切り傷や擦り傷、骨折や筋肉の損傷、病気や風邪から回帰させてくれます。

 これを一般的に「自然治癒能力」と呼びます

 しかし、時にこの自然治癒能力が低下してしまい、体の修復が遅れてしまうことがありますこれを我々は「病気ではないが健康ではない状況」と呼んでいます。

 この「健康ではない状況」を放置しておけば、体の至る所に不都合が生じて、不健康から病気へと以降しやすくなってしまいます。

 体が元通りに治るということは、一定の状態に保とうとする恒常能力です。例えば部屋が暑ければ汗を出して体を冷やそうとするように、全ては体を最適な環境に整える能力でもあります

 

 この能力は、神経機能を通じてコントロールされており、全身を元通りに回復する(最適な環境に維持するために)指令を送っています。その神経機能の王様に当たる部分が「脳」であり、その直属の部下は「脊髄」です。

 脳から脊髄に、脊髄から全身の各器官へ神経伝達がスムーズに行き渡る状態が、すなわち恒常性能力が活発に働いているという事になります。

​源整院 琴似の場所
​・駐車場あり/地下鉄東西線「琴似駅」最寄り駅

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin