整体で椎間板ヘルニアが楽になる

​・椎間板ヘルニアとは?​

 

 我々の体の中心には、建築物でいう柱の役目の背骨が存在します。この背骨の中には、脳から直接伸びた大事な「脊髄」という神経が格納されています。

 大事な神経であるということは、保護も厳重でなくてはなりませんが、人間の体は移動して、捕食をする動物から進化した「運動機能」も許容しなくてはなりません。

 背骨にも同様の機能があり、脊髄神経を守りながら、かつ運動を可能にした構造になっています。

 背骨は全部で「頸椎7個」「胸椎12個」「腰椎5個」で成り立っており、それぞれの間には、運動の動きをガイドする関節と、クッションの役割をしている「椎間板」があります。

 

 椎間板ヘルニアというのは、この背骨と背骨の間にある椎間板が壊れてしまった状態のものです。

 単に壊れるだけであれば、我慢ができる範囲の腰痛にとどまるのですが、厄介なのは、椎間板の内部にあるゼリー状の「髄核」​という物質が外にはみ出て、それが脊髄近くで神経を圧迫してしまうことです。

 これにより、脊髄から体の末端に向かう神経に異常をきたすことがあります

 一番顕著に現れる症状は「しびれ」「痛み」です。​​

​ 腰の椎間板ヘルニアによって神経圧迫を起こした場合には、おおよそ腰部の脊髄からは、下半身に神経が伸びていることから、臀部やふくらはぎ、足にしびれを感じます。特にお尻の奥の方から太ももの裏辺りまで違和感を感じるのは「坐骨神経痛」と呼ばれるもので、座り心地に違和感を感じます(腰椎上部の椎間板ヘルニアでは太ももの前にしびれや痛みを感じます)。

 また、足先のしびれでは感覚異常が起こります。例えば靴や靴下の当たっている感覚が一部分だけおかしく感じたり、冷たく感じたり、何もないのに足の裏に小さな米粒や小石がくっついて、踏みつぶしているような違和感を感じたりもします。

 これらの症状は、全ての情報が脊髄から分岐した神経を経由している為に起こります。椎間板ヘルニアによって、神経が圧迫された分、その支配領域の活動が鈍くなることから起こるのです。

 神経は、「知覚」「温痛覚」「運動覚」などを支配しており、圧迫度合いの重さに比例して、温度感覚も鈍くなり、筋肉に力が入りにくくなってきます。

 椎間板ヘルニアは、基本的に背骨であれば、どこの部分でも椎間板を要している事から起こる可能性はありますが、良く起こる部分は腰椎の下部と、頸椎の中間部分です。

 頸椎で起こった椎間板ヘルニアは、主に手や腕に上記の症状が出ます。​

 長期に渡って神経圧迫を起こすと、しびれのある側の筋肉が痩せてくる現象が起こります。これは、筋肉に力が入りにくくなっていることから、結果的に筋肉があまり使われなくなり、筋肉が衰えてくることから起こる現象です。

 そして更に悪化をすると、腰部だと排尿障害が起こるようになります。この段階までステージが進んでしまうと、整体の範囲を越えて、病院で手術を検討しなくてはならなくなります。

 また、顕著に打腱器での腱反射の反応が鈍くなるのも特徴です。

 これらのことから、酷くならないうちにケアをすることが重要ですが、未然に進行を喰いとめるためにも、椎間板ヘルニアの前兆を見落とさない事が大事です。

 

 腰椎の場合は、「ぎっくり腰」を繰り返し起こしている方、頸椎の場合は「寝違え」を過去に何度も起こしている方は要注意のサインです。

 椎間板ヘルニアを整体でどのように扱ってゆくのかというと、直接椎間板ヘルニアにはアプローチは行いません。

 我々の整体は、背骨全体を自然な配列に正し、自由に背骨や体の動きが再現できるようにすることです。これによって、背骨の間にある椎間板も、自然な配列と運動が行えるようになり、椎間板の修復が早まることを目的としています。

 また、源整院では、内臓との関連性にも着目しており、例えば腰椎椎間板ヘルニアの場合は、腎臓や腸の可動性も同時に喪失することが、当院の独自の見解で確認ができています。

 こちらの施術を併用することによって、手術を回避できたかたは多数お見えになられています。

​源整院 琴似の場所
​・駐車場あり/地下鉄東西線「琴似駅」最寄り駅

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin