札幌で肩凝りに悩まれているかたへ「整体で肩凝り・首凝りが楽になる」

*猫背は内臓に負担が?

 

 長時間デスクワークをしている人を観察してみてください。殆どの方が前かがみの猫背になっていませんか?つまり、頭が前に倒れて背中が丸くなる恰好です。

 頭の重さは約5キロもあります。500ミリリットルのペットボトルの水が、約10本分にもなります。

 スーパーの袋に入れて持つだけでもかなりズッシリしますよね?

 姿勢が前かがみになると頭が前に傾きますので、それを首や肩の筋肉で引っ張って支えなくてはなりません。

 

 1分か2分の事であれば耐えられますが、1時間も2時間もとなると疲労しないほうが不思議なくらいです。

 首凝りや肩凝りはこうやって出来上がります。

 筋肉が上記のような姿勢で疲労を起こしても、老廃物質を処理し、血流を促せば回復に至りますが、困ったことに猫背で内臓を圧迫してしまうことから、最終的に老廃物質を処理をする臓器も正常な血流を失います。

 

 朝起きて、体がなんだか重いなと感じた事はありませんか?そう、これが内臓の血流異常がもたらしている症状。

 源整院では、内臓の血流を回復させてから、首や肩の筋肉と骨を自由に動けるように、丁寧に施術を行ってゆきます。

 

 

*内臓の血流異常で起こること

 

 これは肩凝りに限った事ではありませんが、姿勢が悪く、内臓を圧迫してしまうと、内臓全体の機能が低下してしまいます。これにより、体全体の代謝物を排出ができなくなり、毒素がどんどん体内に貯蓄されてゆきます。

 

 結果として起こることは、疲労回復が遅くなり、免疫力も低下して、体全体の症状の回復も遅くなることです。

 

 札幌整体源整院では、他の整体院とは違って、内臓の血流をよくすることで、より深い所から首凝りや肩凝りのツライ悩みを解消するお手伝いをさせて頂きます。

 

 施術後にはきっとスッキリを清々しく感じて頂けることでしょう。

*首シワにご注意!僧帽筋と肩凝りを治す重要性!!

 肩の大部分を覆っている僧帽筋は、大きくて強力でとても重要な筋肉です。

 一方でとても可哀想な筋肉でもあります。

 それは、肩から背中にかけて、殆どの部分に僧帽筋が存在していますので、一般的には肩凝りはこの「僧帽筋のせいだ」と思われることです。

 「僧帽筋が衰えるから猫背になってしまう」
 

 そう言われる事も多いようですが、それだと何でも僧帽筋が悪者になってしまう感じがしてしまいます。
 

 しかし、実際に英語圏では肩凝りを「僧帽筋の筋肉痛」と呼ぶ地域があるそうです。


 筋肉痛になるほど頑張っても、この悪者というレッテルのせいでその様に言われてしまう。

 僧帽筋は体の筋肉の中でも重要性のある筋肉です。その証拠に、他の一般的な筋肉とは違って、僧帽筋の上部繊維では、脳から直接脊髄を経由せずに、副神経(第11脳神経)という重要な神経の支配を受けています。

 僧帽筋上部の動きは肩をすくめる動き、ビックリした時や寒い時の動きがこれです。

 そして中部の動きは背伸びや深呼吸、胸を張り猫背を直す動作をし、下部の動きは肩甲骨を引き下げる動きで、物を引っ張る時の動作で頻繁に使われています。

 動かす大部分は脳神経であるのにも係わらず、知覚は頸神経で支配されています。

 実際に、脳の反射で僧帽筋を硬くしようとしますが、その「凝り」を感じるのは頸の神経という不一致が肩こり原因となります。

 

 僧帽筋を硬くする原因は、内臓の反射と背骨の歪みによるものですが、脳は体の異常な信号を忠実に、そして優先的に反応します。しかし、痛みを感じる部分は、脳より下位にある首の神経。よって、首の神経よりも脳神経の声の方が大きくなってしまうのです。

 

 しかし、これによって内臓や背骨に重大な歪みがることが自覚できるようになっていますから、我々はこの「肩凝り」を「体がおかしいですよ」という言語として解釈しています。

*僧帽筋の衰えが、たるんだ顔の原因

 

 ブルドッグみたいにたるんだ顔にはなりたくありませんよね?しかし、僧帽筋が衰えてしまうと、ブルドッグ顔になりやすいのをご存知でしたか?
 

 僧帽筋は後頭骨から背中を大きく覆っている筋肉です。


 後頭部から頭部に向かい帽状腱膜~前頭筋、そして顔にある表情筋へと繋がります。ちなみにこの筋肉の収縮によって、眉を引き上げて驚く表情を作ります。目尻のしわを伸ばすときにやる動きですね。


 これを僧帽筋が背中で支えとなってサポートをしているのです。


 僧帽筋が衰えてしまったら、尻切れトンボの様に、表情筋もたるんでしまいます。「最近加齢のせいで顔がたるんできたな・・・」と感じている方も、実は僧帽筋が衰えているだけかもしれません。

 また、肩が緊張して持ち上がると、前部の首元では、胸部と顎が近くなってしまうものです。これは首のシワとなって目だって来ますので、肩凝りの施術が美容的な改善要素も含むことになります。

*高血圧にご注意

 肩凝りと血圧の関連性は、様々な研究結果で指摘をされています。特に寒い時期には体温を保持するために、急激な血圧上昇が起こる事があります。

 

 高血圧には

・本態性高血圧(生活習慣や遺伝)

・二次性高血圧(腎臓異常、心臓血管異常など)

 がありますが、これらとはまた別の部分で、自律神経の働きが乱れることからこるものです。

 肩凝りの原因になっている筋肉は主に、循環器系の自律神経と連絡を持っています。これによって、心臓が働き過ぎたり、平温状態から急に寒い所へ行ったりした時に、反射的に肩の筋肉が収縮して、「いわゆる肩凝り」と同じような現象が起こることがあります。

 もしも秋の寒くなり始めや、春の急に暖かくなり始めた時期に、酷い肩凝りの症状を感じた場合は、その反射を一旦解除してあげる必要があります。

 主に上部の胸椎部分と、横隔膜を施術する事によって、上部の胸椎の捻じれは通常解消してゆきます。

 ここの環境が整えば、自然と肩を凝らせている反射は解除れて軽快に向かうでしょう。

 ちなみに、上記で書いたように、高血圧の場合は「生活習慣」によるものが多いのですが、寒くなり始めた忘年会での「飲酒」「塩分過多」「喫煙」は、度が過ぎると血管にはかなりの悪影響となります。くれぐれも注意が必要です。

 高血圧を放置しておくと、脳梗塞や脳出血、狭心症、心筋梗塞になる確率が高くなってしまいます。飲み過ぎた後は、当院でのケアも有効的です。

 他にも、心身のストレスから血圧が高くなることも知られています。

​ 心身のストレスは、なにも仕事や人間関係だけによるものではありません。身体の歪みも脳にとっては大きな違和感です。これも立派なストレスになっているのです。

*肝臓疲労と心臓疲労が肩凝りと関係する

 

 内臓と骨格との関連性について少し触れておきたいと思います。人間の体には、反射という便利な機能が存在します。これは、人間の持つ命を守る機能。例えば、膝のお皿の下を「トン」と叩くと、足が意図しないでも「ピョン」と跳ね上がってしまうのもその一つです。これは脊髄レベルで起こる反射ですが、実は内臓を支配している自律神経は、筋肉を動かす神経と脊髄付近で連絡を取り合っているのです。

 これにより、肩周辺の筋肉と、相対する内臓が明らかになります。

 右肩の多くは、同側にある臓器「肝臓」と「胆嚢」と相対性を持ちます。つまり、肝臓が疲れれば肩の筋肉は疲労を起こしたときと同じ衰弱状態となるわけです。

​ 寝違いや背中の痛みが起こるのはこのためで、本来関節は可動範囲を超えないように、筋肉でプロテクトしているわけですが、内臓の疲労により、この筋肉が関節をプロテクトできなくなります。これにより、首や背中の関節が可動範囲を越えてしまい​、いわゆる突き指のように関節に炎症が生じたり、筋肉そのものが痛んでしまったりするものです。

 また、左肩では心臓と胃の疲労と関連を持っています。

 

 この様に、単なる肩凝りであっても、内臓の状態と筋肉が比例することは、見えない部分の状態を把握する上で、重要な手掛かりとなるものです。

 年末年始や休日に暴飲暴食をした方々は、それらが要因となっていることを肝に銘じましょう。

*肩凝りを感じてみよう(自分で肩こりを治す方法)

 

 普段の日常生活で、肩凝りを感じている人とそうでない人がいます。百聞は一見に如かず、ここでは自分の肩の重さや凝りの感覚を味わってみましょう。やり方は簡単なのですが、二人でやった方がより実感できるはずです。

 まず、このイラストの女性らしき人が、なぜ眠たそうな眼をしているのかはさておき、両足をある程度の間隔で開き、立ち上がった状態で肩を上下運動してみましょう。日常生活では​、肩は肋骨とその中にある肺の上に乗っかっている構造です。

 肩をちょうど持ち上げた状態で、後ろからもう一人の方に、ワキの下へ手を入れてもらい、肩を持ち上げた状態をキープして貰いましょう。

 持ち上げられている側は、完全に脱力をします。

 どんな感じがしますか?肩の凝り感や重さから開放された感じがしませんか?又は呼吸がしやすくなったり、漠然と楽になった感じがしたり。

​ はい、そう感じた人はいわゆる「肩凝り」がある人です。

 ついでに持ち上げて貰った状態のまま、深呼吸を繰り返してみましょう。これによって、肺が機能を取り戻し、簡単な肩凝りは解消するはずです。​

 何故これによって肩凝りが解消するのかというと、肺は肩の方は上部で、下部の部分では胃や心臓、肝臓、すい臓、大腸と接しています。つまり、これらの臓器が肺の下部の制限をつくるのですが、下部の制限がある分だけ上部の肺が捻じれ、固まってしまう

 これにより、肩が致し方なく捻じれた状態になり、肺の捻じれに合わせるように、上で吊り上げる筋肉が緊張をする。

 これが肩凝りの主な原因です。

 当院が肩凝りに関して内臓を注視しているのはこういう原理から。

 ちなみに周囲に人がいなくて、一人でこれを行う場合は、椅子の肘置きを利用すると便利です。両腕を椅子の肘置きに乗せ、肩がちょうどすくむようになるまで座り方を調節する。

 これによって、先にご紹介した二人でやるような態勢を作り上げる事ができます。

 肩凝りを感じる方は勿論、普段感じていない方も是非試してみてください。自分で​肩凝り診断ができることは勿論、心臓や肺へ掛かる負担も軽減しますので、短時間でできる健康法ともいえるでしょう。

*イメージで肩凝りを自分で治す方法

 肩凝りは血流を良くすることで改善を図るという理論は間違いではありませんが、本質的な解決方法ではありません。それは全身の筋肉の張り具合をコントロールしているのは脳ですから、本質的には脳が肩を緊張させている理由が解決しない限りは解消ができないのです。その解決すべく本質は、これまでも述べてきた様に、内臓の異常な反射であって、神経系が肩を緊張させていること。

 であるならば、最高中枢の脳の中で、肩の緊張を和らげることができるのではないか?というものからの派生で「イメージ治療法」が出来上がりました。

 人間のイメージは不思議な力を持っていて、最近ではオリンピック選手でも広く一般的に使用される様になりました。難しそうに思われますが実はとても簡単。「レモンを見て口の中で唾液が出る原理」となんら変わらないからです。

 まず始めに、イメージに集中ができる様に、煩い場所や落ち着かない場所は避けましょう。そして万が一ふらついたりして倒れても、周囲に危険がない空間で行います。始めるにあたって、余計なストレスから可能な限り離れることが大切です。なぜならば、肩凝りはストレスによっても起こるものだからです(慣れるとどの様な空間でもできる様になります)。

 次に、軽く目を閉じ、自分の左右の肩を漠然と感じてみましょう。今、私の場合は、右肩がやや高く、前方にある様に感じます。それでいて反対の左肩よりも、形状的にやや尖っていて硬い感覚があります。一方で左肩の方はというと右肩に比べればやや下にあり、更に後ろにある感じ。それでいて、全体の形状は「丸い印象」があります。

 そこまで感じられれば現時点では成功です。

 

 引き続き軽く目を閉じた状態を維持しながら行ってゆきましょう。人によっては「色」や「温度感覚」「明暗」を感じる方もいます。それはそれで、感じたものを素直に信じて覚えておきましょう

 これで準備は完了しました。

 次は、どちらの肩が重く感じるか、もしくは張り感があるか、違和感があるかに注視します。

 私の場合は、硬く尖って、上に引き上げられた右肩に張り感を感じます。

 その感じを、反対の左肩が一致する様な位置関係に動かしてゆきます。つまり、張り感がある右肩に、左肩を合わせてゆくのです。やや引き上げて前方に出し、尖った印象を感じるまで左肩の動きで調節してゆきます。

 

 注意すべきは「右肩を動かさないこと」です。

 左肩が右肩と等しく感じる位置を見つけたら、その位置を暫くキープしましょう。目を閉じたまま腹式呼吸で深呼吸を繰り返します。色の違いや温度の差、明暗があったとしたら、左肩にその感覚をイメージで移動させてゆきます。場合によっては左肩の筋肉がプルプルと震えて来たり、体が前後左右に揺れ動くかも知れませんが、慌てずにそのまま感じ続けましょう。深呼吸は2〜3分も続ければ十分です。

 次は最後。

 

 そのポジションからゆっくりと両肩を上に挙げて、ちょうど肩をすくめる様なポジションになります。その状態で2〜3回深呼吸をし、次の瞬間に両肩を「ストン」と重力に任せて脱力して落とします。

 これを5回くらい繰り返し行って終了。また最初と同じ状態で左右の肩を目を閉じたまま感じてみます。

 どうでしょうか?肩の高さの感覚や、尖った感じ、硬い感じ、温度感覚などが、最初と変わっていませんか

 これは実際に、肩の高さを目で見て行うのではありませんから、実際の見た目はどの様な状態でも一切参考にしないでください。あくまでも脳の中の空間的感覚を修正するためのエクササイズです。

 最初と変わった分だけ肩の機能が変化しているはずですし、肩凝りの原因となっている部位の内臓機能もしっかりと変化します。

 人によってはこれだけで便秘が解消したり、血圧が安定する方もおられます。

 

 これは、源整院独自の考案ですので、全く新しい方法です。

 

 皆さんも是非試してみてくださいね。

*擦って治す肩凝り

 色々な肩こり改善方法がある中で、一番簡単で老若男女問わずに出来る方法をお教えします。それは凝った場所を「擦る」ということです。

 これは凝った場所に係わらず、痛みのある場所では無意識に行っている行為でもあります。

 手には電気的な極性があって、凝った場所(この場合は肩)を直接擦ること(素手で素肌を)により「天然の磁気循環療法」をご自身で行うことができるのです。よく、テレビのCMなどでやっている「○○ガウスの磁力」をうたった商品や、通販番組で売られている磁気ネックレスなども、結局はこの磁力を利用して血液循環を促す作用によるものです。

 我々の調べでは、強い磁力は5分未満の短時間では効果的ですが、それ以上の長時間になると、効果はほぼ無くなり、最後には逆に筋肉が固くなってしまうことを確認しています。

 このことからも、「肩を擦る」というこの方法は、小さな磁力極性を利用することから、5分以上は擦り続ける必要があります。

 また、擦る方向によっては、同時にリンパや血液循環をマッサージ効果によって直接促すことから、方向も可能な限り下記のように行うことが効果的です。

 昔、子供の頃、転んでオデコをぶつけてお母さんが「痛い痛いの飛んで行け」とやって擦ってくれたのも、実はとても合理的な治癒促進効果がある治療法の一つなのです。

​ お金を掛けずに自分の体を自分で治す簡単な方法をご紹介いたしました。

*筋肉の手助けをして肩こりを治す方法

 肩が凝ったり張ったりするということは、肩をぶら下げている筋肉が固まっている状態です。この「凝り」や「ハリ」は、世の中の常識的には揉んだりストレッチをしたりするのが、改善方法として効果的と思われているようです。しかし、それで治るくらいなら、世の中の肩凝りはあっという間に無くなっていると思いますが、現実はそうはなっていません。

 体には、様々な状況において、最適な状態に手助けする作用があります。そしてこの肩凝りや張りも、内臓への圧迫を軽減させるために、肩をぶら下げている筋肉を緊張させ、引っ張り上げているのです。

 そう、大事な内臓を保護するためには必然的な肩凝り。

 そうとなれば、内臓にスペースを設けるように、自分で意識的に手助けをしてあげれば良いという発想になりませんか?

​ 主に肩凝りは、心臓や肺、胃や肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓の外的な圧力を逃がすために、釣り上げている肩の筋肉に緊張を起こさせます。

 ですからこの部分にスペースを作る格好を取ってあげれば良いだけです。

 一番簡単な方法をご紹介します。

 凝りのある側の肘を机について、ちょうど三角巾を巻いた時と同じ姿勢を作ります。そして体重を机についた肘へ徐々にかけてゆきます(下の左肘のような形)。

 この際のコツは首はそのままで肘を押し上げること。誤って体重をかけながら、首から肩に寄って行ってしまうと、肩の運動ではなくて首の運動だけになってしまいますので注意しましょう。

 ちょっと外見上、態度の悪い人になってしまいますが、これで肩が耳に近づく格好になると思います。次に、このポジションをキープしたまま、今度は首を前後にゆっくりと動かしてみましょう。どこか凝りやハリ感が軽減する首の位置が見つかると思います。固まり方が強い方は、この首の動きによって、頸椎の関節が「ポキっ」と鳴ったりもします。

 この状態で1~2分くらいキープしましょう。

 成功するとあら不思議。

 肩のコリ感やハリ感が、かなりの割合で軽減していることに気がつくはずです。

 やってみると分かりますが、肩にハリ感がある人には特に即効性があって、不快な症状を取り除くことができます。

​ また、両肩が凝ったり張ったりしている場合は、下のような恰好で、同時に肩をすくめることも可能です。

 

 人によっては緩むまでに数回、または3分以上かかる人もいます。

*最もシンプルで原始的な方法

 「手を当てること」これはあらゆる部位にも共通した自己治療法です。

 中には「そんなの知っているよ」という方もおられるかも知れませんが、この効果を無視している人に限って「肩凝りがひどい」とか「肩が張って張って仕方がない」と仰ります。

 では、その正しい方法をここでお教えしたいと思います。

 人間の体は微弱な磁気が流れています。これは、生体磁場とか自然磁場と呼ばれることがありますが、ひとたびこの磁気が乱れると、体の循環は滞り、必要な酸素や栄養が筋肉や末端まで届けられ難くなります。その末路に起こるのが、体の凝りや様々な不調。

 つまり、全ての原点部分では「磁場異常」が起こっているということです。

 言い換えれば、正常な生体磁場であれば、凝りも痛みも不調も起こらないということになります。

 我々の体の中でも最も磁場の流れが活発なのは、「心臓」と「手」です。よって、「手あて」には、原点段階の治る準備を促す作用があるわけです。

 これらを肩凝りや肩のハリにどのように利用するのかと言いますと、やることは簡単「手を当てるだけ」なのですが、まずは当てる手にも準備が必要です。 

 患部に手を当てる前に知っておいていただきたいのは、磁石というのはプラスとプラス、マイナスとマイナスは反発し合うということです。右手のひらはプラスの磁気を帯びていて、その裏の手の甲はマイナスの磁気になっています。そして左手はそれとは逆に、手のひらがマイナスで手の甲がプラスの磁気です。

 つまり、手を合わせるという行為は、両方の引き合う磁気同士を繋いでいる状態でもあるということであって、握手は繰り返し行ってしまっては、生体磁場が崩れてしまう要因になるということです。

​  この習性を利用して、患部に触れる前にまず、両手の磁気を活性化(正常化)するところから始めます。

 時間にして約1分。もしもせっかちな人で待てない場合は、両手を合わせてからスリスリと8回くらい擦りましょう。これによって、短時間で簡単に活性化されます。

 そして患部に手のひらを当てるのですが、ここでも注意点があります。

 先程ご説明した通り、​手のひらと手の甲とでは磁気が違ったように、例えば右半身の痛みや凝り、ハリのある場所に手を当てるとしたならば、必ずそこには左手を当てます。

 これは、他人でも同じことです。

 反発する磁気を当てると、更に乱れてしまう要因を作ってしまうことにもなりかねません。

 患部の磁場の乱れが酷ければ酷いだけ手を当てる時間は必要ですが、おおよそ1分以上当てる場合には、再度仕切り直しに両手を合わせる所から始めてください。この場合時間が掛かってしまいますので、両手を8回スリスリする方法が良いでしょう。

 これを繰り返しているうちに、患部の磁気は正常に戻り、筋肉の異常なハリや緊張も緩んできます。

 これは、整体院泣かせの方法ですが、ここでは皆さんにお役立て頂けるように、特別ご紹介させていただきました。

 まさに、治療方法の「秘技」です。

*肩凝りと関連する可能性のある症状

 

​・背中の凝りやハリ

・​骨盤の歪み

四十肩・五十肩

頭痛

・高血圧

腱鞘炎

・首腕症候群(手や腕のしびれ)

・ストレートネック

・頸椎椎間板ヘルニア

・目の疲れ

顎関節症

・深呼吸ができない(低酸素)

・​原因不明な喉の痛みや違和感

・​原因不明の耳鳴りや目眩

​源整院 琴似の場所
​・駐車場あり/地下鉄東西線「琴似駅」最寄り駅

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin