インフルエンザ予防、ちょっと玄人志向


インフルエンザにならない為に、注意しておきたい事

続・インフルエンザにならない為に、注意しておきたい事

肩こりとインフルエンザ」に続いて


今回は、私のインフルエンザ予防をご紹介します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私がやっている自己整体と

自然治癒力を養う訓練ですが、お役に立てれば幸いです。


これまでのシリーズでは、脾臓にスポットを当てましたが

今回は範囲を広げて自律神経です。



自律神経と内臓の対応表の一例です。

もっと詳しいのもあります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「インフルエンザにならない為に、注意しておきたい事」で

患者さんが温めていた場所が上記の表に対応していて

体の使い方・動きを見て、お話を伺い、

触診と合わせて考慮し脾臓に注目しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私が自己整体をするときは

椎骨を一つずつ回転させる

イメージで体をねじります。



胸部だと肋骨の動きも加わり分かりやすいです。

それに加えて、呼吸で肋骨が蛇腹の様に上下に動きます。



これらを感じて、止まっているところを探します。


胸椎の5・6番(肋骨の5・6番)の動きが鈍いな。


あとは対応している臓器を上記の表で確認して

肝臓対応部が止まっていたら、レバーを食べるもよし

(弱っている箇所を食べると良いらしい)

のどで出ていたら、痛くなくても転ばぬ先の杖

先行して体をケア(自己整体※1)していくようにします。

(※1.椎骨や肋骨が他とは違う動きor止まり始めたところで待つ等)


症状が出る前に対応していけるところがメリットですね。


でも、これはちょっと玄人志向が過ぎましたね。

チャレンジ精神の強い方にオススメです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


次回もっと簡単で面白い?!

私の実践している「ウィルスサーチ」をご紹介します。


19回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin