ヒドイ頭痛の作り方

源整院は二十四軒手稲通沿いにあります。

5号線の一本JR寄りの道路です。


今日はこの道路をボリュームを

最大まで上げて音割れさせながら

街宣車が爆走していました。


統一地方選挙へ向けて

ちょうど1週間前の

最後の日曜日ですから

気合いが違います。。


あまりの爆音に

施術中に何度かビクッ!?

となってしまいました。

眉をひそめて、道路に目をやると

候補者がまるでヤンキーのごとく

見事な箱乗りをしているではありませんか!?


オールドタイプのヤンキーが多いことで

有名な茨城県の出身の私ですが、

こんな見事な箱乗り見たのは久しぶりです。


気合いを入れて音割れするほどに

声を絞り出している姿を見て

先日ヒドイ頭痛で来院された方を

思い出しました。


1ヶ月くらい前に風邪になり

(最強寒波の時だそうです)

咳が止まらなくなるほどだったそうです。


それから風邪は治ったが頭痛が未だにある。

病院では風邪は完治しているので問題ないとの事。


源整院流整体検査でチェックしてみると

たしかに肺の動きに左右の差がありました。

肋骨の柔軟性に違いがあり右が硬い。


特に右に頭痛があるとの事。


『それでは緊張した横隔膜を緩める施術を行いましょう。』


内臓を下から支える骨盤も調整して

頚椎と肋骨を調整していきます。


横隔膜の感覚と動かす神経は

頚椎の3・4・5番から出ています。


咳を長い期間していたとの事だったので

その衝撃と疲労から頚椎と肋骨に

大きな負担とズレ・緊張を作っていました。


施術を終えると

うつむき、猫背だった姿勢が上向き

「なんだか大きく息が吸えるようになりました!」

「頭もスッキリした気がします。」

と言って帰られました。


頚椎の3・4・5番周辺からは

肩こりで有名な僧帽筋や棘上筋

肩を覆う様に痛くする三角筋

首・背中の凝りに関与する

板状筋・菱形筋にも神経が繋がっています。


今回は長期のズレと緊張が

ヒドイ頭痛となり苦しめる結果になっていました。

頚椎と肋骨・横隔膜を緩めるのは

上半身の不調不具合に大きな変化をもたらします。


札幌整体源整院は患部だけでなく

お身体全体を通して施術していきます。



街宣車で大声を張り出していた候補者の方

箱乗りで肋骨の柔軟性が失われ、呼吸器を酷使して

ヒドイ頭痛に悩まされていないか心配でなりません。

ご自愛ください。


0回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin