レベルアップ1

老若男女問わず来院される札幌整体・源整院は

小学生から、曾お祖母ちゃん位の

年代の方まで多くの方がいらっしゃいます。


卒業式シーズンはお子様と一緒に来院されるが増えます。

新生活に向けて、心身ともに源から整えて備えたいとの事。


そんなヤングマンに質問をされました。

『先生は何の教科が好き?』


小学生の時は公文式へ通っていました。

あの学習方式は習熟度がそれぞれのスピードで進み

理解していれば次の学年の問題にも挑戦していけます。

それが楽しかった私はみんなよりも少し進んでいました。


あの時は算数・数学は好きでした、が途中で変わります。

物理との出会いです。


物理との出会いの瞬間から数学は

物理を解く道具となり勉強しておいて

良かったと思いました。

※好きなだけで知能が高くもなく、難問も解けません。数学もⅡ・Bで止まりました(-_-;)


物理を好きになったキッカケは

テレビに出演していたどこかの大学教授が

『物理』は「物」の「理」由が分かる学問だ。


難しく思われる物理だが三つの単位に注目すれば良い。

長さ・重さ・時間

これで一気に簡単になるはずだ。


さらに、その三つをひとつにまとめて表現すると面白くなる。


そのひとつとは『時間』だ。


これに私はしびれました。


例えば、長さを時間に置き換えます。


東京から札幌までの距離は831.0㎞(都道府県庁舎間)

※国土交通省・国土地理院から抜粋


こんな距離を言われてもいまいちピンとこない。

飛行機で一時間半と言われた方が感覚が掴めると思います。


「時間」が分かった上で、距離を知ると

飛行機は平均飛行速度554.0㎞/時だと計算できます。

リニアモーターカーの最高速度が約600㎞/時だから

飛行機は平均速度なので、飛行機の方が早いこともわかる。


重さについては、難しい定理が出てくるので今回は割愛します。



で、好きな教科は『物理』と答えました。


好きについて少し付け加えると

物理の計算ではなく、考え方が好き。


いろいろ計算したのに

結局は時間に例えると

次に繋がり面白くなるというのが良い。


重さも長さもリアルなのに

時間は非リアルで仮想に近いと

私は思っています。


重さも長さも実在します。

時間は人間が勝手に作った概念。


だからこそ時間で例えると

分かりやすいのかもしれませんね。


物理は物の理由がわかります。

それは人間が知りたい・求めているもので

一般常識・均一化、教育されていきます。


しかし、それが私のレベルアップを妨げている。

ちょっと長くなってしまったので

次回に続きます。


0回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin