家を活かす自律神経

最終更新: 2019年1月21日


使わないと劣化していくものです。




先日、と言っても、お正月の頃ですが、

久しぶりに来院される方が多い時期でした。


『母に一度行っておきなさい』と言われて

本州からの帰省中にやって来た社会人一年生


あれから何年経つでしょうか?


4?いや5年も経っていました。

いまや新人に指導する立場だそうです。


年に数回しかお会いしませんが

私の知っている8年前の東京と

今もドンドン変わっていっている

東京のお話を聞いて「へぇ~!」と

驚くのも私の楽しみになっています。


~~~~~~~~~~~~


別の方ですが、仕事の関係で新十津川町へ

引っ越しされた方が、わざわざお正月に

来院してくださいました。


『知ってますか?』と聞かれて


新十津川町、、



旭川よりも手前ですよね、そんなレベルしか知らない私。

「オータムフェストに出ていた?看板を見た知識オンリーです。」と告白


その方も実は、そんなに情報収集せずに引っ越しされたそうです。

それでも、住めば都。

住んでみての苦労と楽しさ、発見を聞かせて頂きました。


短い時間でしたが最後に『行って良かった。』で談笑を終えました。


これからは新十津川町の話を聞く楽しみが増えました。やったね!


~~~~~~~~~~~~


新十津川町のこぼれ話です。


引っ越しの物件探しで

二階建ての一軒家を家主さんと内見


駐車場とちいさな庭もついていて

気に入ったので家賃を聞くと


家主:30,000円でいいよ。


30,000円ですか!?


家主:えっ、高かった?25,000円でいいよ。


いえいえ30,000円でいいですよ。

この患者さん人が良いでしょう。ホントに30,000円で契約したそうです。


確かに築年数は経っているけれど、これは破格なはず、、

疑いたくなりますよ、いろいろと黒い影が、、ある?


家主:なんもないんだけどさ。住んで欲しいんだよ。

   家なんて持っているだけだと税金払うばかりだし

   どんどん劣化していってしまうのは悲しいからね。


ということで、その一軒家で新十津川町で暮らしをスタートさせたそうです。


~~~~~~~~~~~~


源整院で正月明けから、いまだに急増しているのが


【ギックリ腰】←詳しくはコチラをクリック


HPの症例紹介でギックリ腰を説明していますが、要約すると

無意識に働いてくれているのが自律神経(主に内臓に働く)

この機能が低下すると回復・修復機能が鈍く働けなくなります。


いま札幌で増えているのは、回復が追いつかない体。

そのひとつの結果がギックリ腰です。

人によっては寝違い、背中痛などの方もいます。


~~~~~~~~~~~~


家主さんは家にとっての自律神経が欲しかったのです。


住んでくれたら、大事に使ってくれる。

それは劣化を食い止めるだけでなく

大切な家を活性化させてくれる。


それでいて家賃収入があり、税金が払えるなら、願ったり叶ったりですよ。


30,000円でも、25,000円でも、良かったんです。


~~~~~~~~~~~~


さぁ、『体』の家主の皆さん


どうですか?自律神経は順調に働いていますか?


なんだか心配になってきた?


そうですか。大丈夫です。ご安心ください。


源整院は皆様の無自覚な部分にまで注目して施術を行っています。


自律神経は無自覚な神経です。

無自覚が引き起こした問題は、

症状が出てからでは回復・改善に

多くの時間と費用が必要となってしまいます。


症状が出る前に体を

一緒に活性化させていきましょう。

琴似でお待ちしております。


32回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin