怪我は治ったのに残る不調

スキーで転倒し足を怪我してから



首に痛みを感じる様になり

肩こりが段々と重くなってきた

背中の張りが気になる

歯を磨く時に屈むと腰がビキッ!?


怪我した患部は治ったのに

全身へ不調が広がってしまった

という事でご来院されました。


これまでにも何度も申し上げてきましたが

健康維持の上で大切なので繰り返しブログに残します。


健康のバロメータとも言われている呼吸(私だけ?)


呼吸にもいろいろあり

「内呼吸」「外呼吸」「脳呼吸」「背骨呼吸」etc.(私だけ?)


今回はドミノ倒しの様に

体の各呼吸が制限されてきました。


呼吸は全身運動です。

全ての関節を使います。

そう全てですよ。


頭の先から足の先まで全て!


この呼吸により生じる

全身の連動性が失われていました。


呼吸は肺だけでするものではありません。

全身で行う重要な生命活動です。


怪我によりドミノがたった一つ倒された。

それは患部からは思いもつかない遠い場所。


まるで600光年離れたベテルギウス(1等星から2等星へなってしまいましたね)

あの光の様に600年後とまではいきませんが時差を持って

呼吸のロック、生命活動の低下が押し寄せてきます。


背骨呼吸がロックすると

連動して低下する臓器は

コチラ↓で紹介しています。

https://www.sapporo-genseiin.com/senaka


源整院では独自の呼吸触診術により

負担のかかっている臓器にも

着目して施術を施し、根本部分もしっかりケアしてゆきます。


怪我をしてから、不調を抱えている方がいましたら

全身の連動性をもって呼吸をできているか感じてみて下さい。


もしも難しいようであれば、源整院まで。

お身体を源から整えていきましょう。


20回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin