有鈎骨ってなんだ?

昨日、仕事を終えて帰宅し

スポーツニュースを観ていたら

衝撃のニュースが!!?


清宮幸太郎選手が右手首骨折!?


ホームランも打っていましたし

調子が良さそうに見えていただけに、、、


右手首の有鈎骨という部分の骨折



野球選手の強打者には珍しくない骨折らしく

以前には同チームの先輩の中田翔選手も

悩まされていた怪我だそうです。


有鈎骨の骨折は教科書的には強い痛みは少なく、

何かを握った際に痛みや違和感が出る程度です。



しかし、この部分は神経が通っているので注意が必要です。


繊細なバットコントロールをしている選手にとっては

この小さな違和感が不調のキッカケにもなりかねません。


源整院に手首の不調でいらっしゃった方には

手首の骨(※手根骨は8つの骨から構成)は

必ず一つずつ可動性をチェックしていきます。


手根骨は大菱形骨・小菱形骨・有頭骨・有鈎骨

舟状骨・月状骨・三角骨・豆状骨の8つ。


このバランスが少し崩れるだけで

手首だけでなく、肩こりや頭痛

場合によっては内臓不調を訴える方もいます。


逆に言えば、手首から改善する可能性があるという事にもなります。


何はともあれ、清宮幸太郎選手の復帰・復調を心から願っています。

とか言ってたら、来たりして!?準備予習しておかないと!!


26回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin