正しいことをしなさい

身体は、脳は、正しい判断で

生きられるとは限らない


昨日、仕事終わりに(23時前くらいだったはず)

郵便物を投函したくてローソンへ立ち寄りました。


私が入店しようとすると、早足で先に入店する方が💨

トイレにでも行きたかったのかな?と視線で追いかけたら

生活用品コーナーでトイレットペーパーを、、、


私と目が合うと、並んでいた商品を全て抱きかかえて行かれました。


事情を把握していなかったので、スマホでふむふむ。

どうやらデマが出回っているらしく

店頭からトイレットペーパーが消えているとの事。

その瞬間を目の当たりにした私というわけです。


※上の写真は2/29琴似イオンの様子



話は変わりまして、『私の身体は正しくない』と相談をされました。


ずいぶんと大きなお題目、何を持って正しいを定義しているのか?

ここから10分以上お話を伺う事になりました。

※施術のスピードを上げなければいけない私。腕が鳴ります。


個々でのお悩みがあった上での見解なので中略します。


私たちの身体は、脳は正しい判断をしているのでしょうか?

そこに立ち戻らなければいけません。

健康においてなのか、運動においてなのか、仕事においてなのか

立場によって大きく異なります。

整体師としての立場での考えです。


腰が痛い、それは正しくないのでしょうか。


私としては正しい体の反応だと思います。

負担がかかっているから痛みという反応で

自らを省みて修整、回復していくのが治癒です。


これくらいはイイかなまだ我慢できるはず忙しいからもう少しみんなも同じみたい


私たちの身体は、脳は、何もしなくても、考えなくても

ある程度は回復と治癒をしてくれます。しかし案外賢くない。

なぜなら、いつもやっている事を正しいと勘違いしてしまう傾向にあるから。


習慣は正しさを超越する


違和感、不調、不具合、少し痛いかも、ダメかな?

そんな状態が長く続けば続くほど、

脳は勘違いをして意外とすんなり

このカタチが私のフツウだとゴ認識していきます。

※誤りだとは思わずに認識していく


この状態の事を『正しくない』とおっしゃっていたのです。


それって身体が正しくないの?脳が正しくないの?

いえ、小さな習慣から陥ってしまった罠だったのです。


全ての結論には始まりがあります。

それは病気の始まりにも同じことが言えます。

我々の体は絶えず健康を維持して、様々な不調を治癒させる自然の働きがあります。

この働きが乱ることが不健康の始まりです。

当院では、皆様の身体の歪みを分析することによって、

小さな習慣により大きく乱された自然の機能を正す整体を行っています。


最初は我慢できる軽度な肩こりや腰痛、頭痛、生理痛だったかもしれません。

身体・脳の勘違いが固着する前に、不健康の始まりを積極的にケアすることが重要です。

札幌整体源整院では、病気を未然に防ぐために健康増進を目的とした整体院です。



ところで、多くの方が誤認識により正しくない習慣が固着し

トイレットペーパーが無くなるという社会現象が起こっているではありませんか。



これは源整院の出番が来たという事ですね!

おあとがよろしいようで




0回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin