気圧の変化と頭痛・腰痛

「猫が顔を洗うと雨が降る」などの言い伝えがあります。

鳥類には気圧を感じる器官が耳にあると言われています。

彼らは気圧を感じることで雨を予測し、生活しています。


私たち人間においても

「天候が崩れると頭痛がする」

「古傷が痛むのから、明日は雨だ」

これらの様に多くの方が気圧の変化を

実感していると思います。


でも、なぜツラくなるの?


なぜなら人間≒深海魚だから。


???


そうですよね。不思議に思いますよね。


陸の上で生活している私たちが??



その答えは


深海には海水が満ち


陸には空気が満ちています。


海水の底にいる深海魚


空気の底にいる人間


その状況から人間≒深海魚としています。



雨が降る場所

それは低気圧の空間


気圧が低いのです。


深海魚が水面に引き上げられたら、、、



陸で気圧が低いところと言えば、高山です。


雨が降ると頭が痛くなる。

そのイメージが見えてきたと思います。


しかし、すべての人が痛くなるわけではありません。


なぜなら、私たち人間は深海魚よりも頑丈かつ適応力を持っています。


それなのに??


はい、それは適応する能力・自然治癒力が乱れているからです。


源整院独自の内臓活性法は、

こういった悩みをお持ちの方に

特にお役に立てると考えています。


さらに私の実感としては

ゲリラ豪雨や長雨になると

ギックリ腰が増える傾向にあります。


これも気圧の影響があると考えています。


長くなってしまいました。悪い癖です。

詳しくはご来院時にご質問ください。




0回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin