男と女の好きな色?


緑と赤、性別で色調の感じ方が違うのをご存知でしょうか?


~~~~~~~~~~~~


源整院の待合スペースに用意しているお菓子



このラムネが意外に好評です。

お子さんよりも私と同じ世代の方に

好評でよく召し上がって頂いています。


ラムネに色んな種類がありますが

圧倒的に赤のピーチ味が人気です。



その逆に緑と青が残ってしまいます。

緑が青りんご味で、青がラムネ味、、ん?!

緑が青って分かりにくさが不人気の原因なのでしょうか?


味の好みでピーチなのかもしれませんが

今回は色調の差にフォーカスしてみましょう。


~~~~~~~~~~~~


ニューヨーク市立大学ブルックリン校の心理学教授

イズリエル・エイブラモフ氏の研究では、


暖色系(赤系)のオレンジなどは

男性の方が赤みが強く見えていて

女性は草木などの緑色がより強調されて

見えていているそうです。


また男性は緑が黄色っぽく見えていて

女性は青、緑、黄色の識別が男性よりも優位らしい。


~~~~~~~~~~~~


諸説ありますが人類の狩猟時代が起因していると言われています。


狩猟時に男性が血を流して逃げ回る獲物を

追跡・ハントする時に必要不可欠な為、

進化してきたと考えられています。

色以外にも素早く物体に対しては

男性の方が高い感度を有しています。

これも狩猟時に不可欠な適正です。


女性は畑や森の収穫物の

果実や緑黄色野菜、

狩りで獲た肉の腐敗やカビ等の

食品状態を見極める能力として

進化したと考えられています。


~~~~~~~~~~~~


男性と女性で見えている物は一緒でも

色調はそれぞれで微妙に違うということ。


女性は男性が見落としている「緑の差し色がカワイイ」とか

男性は俊敏に戦う「ゴレンジャーは赤がカッケェ~」


なんていう好き好みの差は

狩猟時代から作られたのかもしれませんね。


~~~~~~~~~~~~


という事は??


源整院のお菓子で赤が人気なのは男性が多いということ?

もしくは肉食女子が多いという事になるのでしょうか?



クリスマスカラーの緑と赤

あれは男女ともに刺激する

奇跡の配色なのかもしれませんね。

販売業界の方々が知っていて

やっていたとしたら凄い。




まっ私としては、この色調の差を施術に活かせないか

狩猟時代からそんなに増加していない1400gの脳で

試行錯誤しております。


緑や赤の小物が増えていたら、お察しください(笑)




18回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin