「痛い」からはじまる


今回は、これまでのシリーズとは少し違う話題です。


自律神経を乱れさせる、冬道の歩き方

気になる、出っ尻と下っ腹

雪道で肩凝り・腰痛が続出中のわけ

これまでのシリーズの続きは次回です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


痛みのすべてを肯定していません。

ご了承の上お読みください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


痛い


それは苦痛です。


耐え難い苦しみです。


私も中学生のころから側彎症と診断され

ヘルニアなんていうレッテルも張られました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ある事故で

肘をガンとぶつけた時の

しびれる様な痛みの

1000倍くらいつらい痛みを

全身に感じ続けた時があります。


動けないほどに痛くて

多くの感覚を失い

正直、死を【覚悟】しました。


それでも、

憎まれっ子世に憚る

わたしはエンマ大王にも

嫌われていたようで

源気に今も生きています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いまおもうと


多くの感覚を失い

奇跡的に痛みを取り戻し

痛みに涙を流しながら

やっていたリハビリは


「痛い」という刺激で

やっと頭が異変に気がつく


その作業だったのだと感じています。


あの頃のわたしは

無感覚から逃げる様に

何時間も泣きながら

エアロバイクをこいでいました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今では「痛み」は

当たり前の様に

ありません。


ここまでくるまでは

エアロバイクに跨った時間よりも

多くの時間をかけてきました。


ひとりの力ではなく

多くの方の力を借りて


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


東京本院・野院長の施術は

私の体にとって大きな刺激でした。


痛いと感じたところから

少しずつ、ほんの少しだけ

1ミリもいかないほどに少し

動かしていくだけで

その痛みから徐々に

解放されていく


何をしているのか分からない

そんな小さな刺激で変わる体


私はそれに感動し、今に至ります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


なんでこんな話題になったかというと


私が【覚悟】したあの時、

大学の友人がたまたま

北海道旅行をしていて

お見舞いに来てくれました。


私はすんごく源気づけられ

次第に治っていきました。


その友人が、またしても

北海道旅行をしていて

私に会いに来てくれました。


私のピンチを救う天才との

十数年ぶりの再会、嬉しかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『どんな仕事してるの?』


私はいま、札幌の琴似で


治すことは自然だけが成し得る芸術と解釈し

体をより自然な環境に整えることに主眼を置き、

健康の種を撒く作業を行っています。

(中略)全文はトップページ


札幌の「健康の種まきおじさん」と言えば私の事(笑)


これ最近、めっちゃ気に入っています


久しぶりに会って、舞い上がり伝えられなかったことでした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


頭(脳)に体の状態を

なるべく負担をかけず

正直に教えてあげる。


時にビックリするほど

体が変わっていきます。


その瞬間、体が変わった本人よりも

私の方がビックリして、そして一緒に喜びます。


それが私のお仕事です。


「痛い」からはじまりました。




12回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin