肩こりと便の色と競走馬

お食事の前後にお読みになるのは避けた方がいいかもしれません



前回の肩が挙がらなくなった米寿の方の続きです。


この方は健康に対して熱心で

毎日ご自身の便の色を

確認されているとの事でした。


「最近(肩が動くようになってから)、便の色が変わったんだ。」


そうなんです。

胆のうから分泌される胆汁が

便の色に大きく影響を与えます。

赤ちゃんの便が黄色や緑色なのもこれのせい。


胆汁が出ていると腸内細菌や食べ物で

それぞれに色が変わってきます。

これまで出にくかった胆汁が

出てきたという事ですね。良かった。良かった。


これは私の知識と経験上ですが、

脂ものを食べると便の色が

こげ茶から黒色よりになります。

野菜のみで脂を断つと黄土色へ。

下痢の時はニオイが重要で微臭なら冷えたかな?

ツーンとする臭いと色のまだら加減で

ヤバいの食べちゃったかな?など自己判断しています。


逆に脂ものを食べたのに色が濃くならない時は

自然の環境下で体内が進んでいない??と判断し

体のチェックをして自己整体で調整していきます。


この実験マイセルフは非常に面白く、身になります。

どんなにお腹が痛くても私は大便チェックを欠かしません!

健康バロメータとして皆さんもお試しあれ、

と言っても私にモノを見せに来ないでくださいね!?(笑)




蛇足ですが、私が毎日便の色とニオイをチェックする

キッカケはになったのは競走馬の牧場で

働いていた時からのクセだったのですが、

体の事を知ってからは、更に興味を持ってチェックする様になりました。


馬の大便には寄生虫がいることがあります。

現在の人間の生活では滅多にありませんが、

仔馬は母馬の大便を平気で舐めて食べる事も、、、(◎_◎;)


仔馬が可愛くて撫でていたら

お返しに私の顔を舐めてくれて

大便が顔に擦り付けられる

なんて事もしょっちゅうでした。


馬房掃除の際に必ず大便をチェックします。

寄生虫が見つかると「虫下し」を飲ませます。

放っておくと馬が瘦せこけていって

まともに走ってくれなくなってしまします。

これではレースに出走できないので必死です。


私も子供の頃に虫下し(もちろん人間用)を飲んでいました。

あの頃はチョコレート状で美味しかった記憶があり、

おかわりを要求していた思い出があります(笑)


馬に与える虫下しは、なんと「リンゴ味」のペースト状で

美味しいのでしょうね『もっとくれぇ!』とおかわりを要求してきます!

どうやら私と彼らは同類だったようです。だって私は午年ですからね!


ところで、いまの子供たちは虫下しって飲みますか??

9回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin