肩凝りと生命維持②


これまでのシリーズ

自律神経を乱れさせる、冬道の歩き方

気になる、出っ尻と下っ腹

雪道で肩凝り・腰痛が続出中のわけ

冬道で首が凝り、肩が凝り、そして自律神経へ

肩凝りと生命維持①


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


脳は私たちの体の中で最も重要な部位です。

その中でも「脳幹」の働きは、生きる上で欠かせない

自律機能・生命維持機能を直接制御しています。


その働きが無くなってしまうと

脳死ということになるほど

非常に重要な生命中枢器官です。


脳幹は、中脳・橋(きょう)・延髄と間脳を合わせて呼びます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


たくさんの筋肉と骨を鎧兜の様にして守っている

その奥には生命維持に重要な脳幹があります。


冬道や猫背・ガニ股で歪んだ姿勢で

ストレスを受けやすいのが

脳幹の最下部にある延髄が考えられます。




アントニオ猪木の『延髄斬り』で

脳幹よりも延髄は有名かもしれません。


延髄の機能は

嘔吐、嚥下、唾液、呼吸および循環、

消化の中枢を含み、生命維持に不可欠です。


そんなところを蹴るなんて凄い技を

猪木さんはやっているんですね。(◎_◎;)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


負担のかかる姿勢を放置していると

脳幹の一部、延髄にまで負担が

かかってしまいます。




生命中枢に負担をかけたままでは

免疫力・治癒力の低下も考えられ

もちろん姿勢を戻すことも困難となります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


足元が悪く、それ以外にも風邪やインフルエンザなど

体にかかる負担が増える時期です。


姿勢が免疫力・治癒力の負担にならないように

定期的なメンテナンスしていきましょう。



インフルエンザ予防」の参考にご一読ください。


24 views

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin