背中が張ったまま、雪まつりへ行ってはいけない。

道民は行かない事で有名な雪まつり


※公式サイトから拝借しました。


今年で札幌生活8年目ですが

私は雪まつり皆勤賞です。


雪像を観るのもですが、

私の特殊な趣味というか

いろんな方の身体・歩き方・姿勢を

観察するのも目的のひとつです。



先日行ってきた本厄の厄払い

北海道神宮で頂いた立派なお札を

飾る神棚と壁掛け棚を探しに

大通公園周辺を練り歩いていました。


そのついでに開催直前で

製作中の雪像を覗いてきました。




昨日はプラス2度で暖かかったです。

期間中もこのくらい暖かければいいでのすが

雪像が融けてしまう事を考えるとそうはいきませんよね。



自衛隊の皆さんがせっせと作っているのを

遠目からお身体チェックで私は楽しみます(笑)


同じことをしているのに

それぞれに個性的な動きをして

見ていて飽きません。

身体の動きから内臓の動きを想像して

施術の事を考えたりしています。



雪像作りや雪像観賞等

みんなおんなじ動きを

しているはず、それを

見比べるのって整体師

じゃなくても面白いと

思うのですが私だけ?



道民の皆さんはインフルエンザにかかりに行く様なもの

と言って雪まつりに行かないのですが、

皆勤賞の私は一度もインフルエンザ

なったことはありません。


手前味噌ですが、自己整体をやっている賜物かもしれません。

背中に張りを感じている方は内臓への負担があり

免疫機能等に低下が予想されます。


私は雪まつりに行く準備として

背中の張り・歪みを調整して

参加するようにしています。


雪まつりだけでなく

受験シーズン真っ只中です。


勉強中に、試験中に、

咳や鼻水で集中力を欠かないために!

絶対に風邪・インフルエンザにはなりたくない!


ただでさえ長時間の勉強で背中はガチガチです。


背中を整えて、雪まつりに、受験に備えましょう。


背中の張りと体調不良について

↑こちらのリンクをご参照ください。



0回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin