腸と腰の不調を太ももでチェックしてみよう。

腸と腰は切っても切れない間柄

それは親友かそれ以上に親密な関係です。


腰と骨盤には腸腰筋という筋肉があります。

大腰筋と腸骨筋を総称して腸腰筋と呼びます。

テレビでも腰痛といえば腸腰筋を特集する事が多いですね。


そこにもうひとつ付け加えたいのが

太ももの筋肉・大腿四頭筋です。


腸に不調を抱えていると

大腿四頭筋が弱化します。


以前のブログにも書きましたが

特に北海道の皆様は大腿四頭筋を

頻繁に使って歩くクセがあります。


詳しくコチラ


頻繁に使うという事は疲れる⇒弱化


大腿四頭筋の弱化は姿勢に影響を及ぼし

内臓を下垂させていきます。


内臓を縁の下の力持ちで支えているのが

骨盤と腸腰筋ですから大腿四頭筋の弱化で

三つ巴のバランスが崩れてしまう。

腰痛の原因はココにもあるのです。


腸腰筋の大腰筋と腸骨筋は

どちらもインナーマッスルで

直接触る事はできません。


私たちの様に訓練をしていないと

その状況を掴むのは難しいです。


そこで「大腿四頭筋」の登場です。


太ももは簡単に触る事ができますよね。

太ももの前面が大腿四頭筋ですから容易に触れます。

これが緊張している、もしくは状況が悪化し弱くなっている。


腰痛の黄色信号or赤の点滅かもしれません。


片足立ちに不安を感じている

それは大腿四頭筋の弱化かもしれません。


内臓の下垂は腰痛だけでなく

自律神経にも悪影響です。

なるべく早くお体を調整する事をおすすめします。



0回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin