自然の変化と健康の繋がり

桜の季節も好きですが、紅葉も大好きです。



北大の金葉祭は、残念ながら今年は中止となってしまいましたが

先日のお休みに北大へ紅葉狩りへ行ってきました。



雨上がりで大分散っていて、翌日には強風だったので

この日がギリギリセーフだったかもしれません。

行けて良かった。


これまでにも源整院で、何度もお伝えしている事ですが

自然の変化を感じる事は、私たちの健康に欠かせないエッセンスです。


秋に紅葉するのは当たり前な事です。

それではなぜ紅葉するのだろうか。


秋になり、日照時間が短くなり、気温が下がりはじめ、

光合成から得られるエネルギーが小さくなり

木の葉を維持する事が困難になることで、葉の色を変え、落とし役割を終える。


紅葉するメカニズムですね。


それではなぜ、紅葉は

多くの人の足を運ばせるのだろうか。


自分の体もまたひとつの大自然であり、

山あり、川あり、無限のよろこびと悲しみをもっている

大きな天地なのではないだろうか。

それについて分かっている事は実は僅かで

星の世界の様に分かっていない事の方が多い

~フランス人批評家の言葉~


脳にある松果体

これは日光を浴びる事で体のリズムを調整しています。

それは内臓に大きく影響を与え、自律神経を整える働きもあります。


赤や黄色の変化を堪能するには

太陽の光が必要不可欠です。

紅葉の美しさを楽しみながら

陽を浴びる機会を得られている。


紅葉が私たちの健康を支えている

と言っても過言ではありません。


紅葉が人を引き寄せているのではなく

私たちの体が欲しているのかもしれません。


自然と共に生き、自然として生きる。

自然の美しさを手本に

人の体にある自然の美しさを

導き整え健康へ至る


秋の紅葉はそのエッセンスではないでしょうか。



14 views

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin