飛行機とギックリ腰とアリゾナキャンプ

1月はギックリ腰・急性腰痛の

患者さんが目立った札幌整体源整院



飛行機に乗っていてギックリ腰になってしまった。

意外と少なくありません。

そんなトラウマが原因で

飛行機が苦手になったという方も

来院されていました。

今では定期メンテナンスのおかげで

飛行機もギックリ腰も克服されています。


この様に精神的な苦痛と肉体的な苦痛には

意外な関係性があるので侮れません。



気圧の変化が体に与える影響と言えば

耳がキーンとなり、鼻をつまんでフン!

とやる耳抜きがあります。


あれは体内空間の内圧をコントロールしています。


体内空間の広さで言うと腹腔が一番大きいです。

腹腔は「横隔膜(←意外と知らないコレは筋肉)」

「脊柱起立筋群」「腹筋群」「骨盤底筋群」で構成されます。



飛行機の気圧変化のストレスが腹腔へかかり

内圧のコントロールをしている上記の筋群が

バランスを失う事でギックリ腰になってしまいます。


人によっては飛行機に搭乗するとトイレが近くなります。

膀胱は腹腔の最下部に位置するので

腹圧の変化に敏感な方がなりやすいです。


体外の小さな変化が、体内環境に大きな変化を引き起こす事があります。

源整院では骨格や筋だけでなく、内臓や神経伝達にまでアプローチしています。

飛行機が苦手な方、エレベーターが苦手な方、環境の変化に対応しにくい方、

札幌整体源整院へご来院ください。


そう言えば、北海道日本ハムファイターズの

春季キャンプがアリゾナではじまりましたね!

乗り継ぎ含めてフライト時間が12時間以上ですから

選手の体調が気になります。

札幌市民の整体師としては気が気じゃない!


腹腔の安定性が体幹の安定性と比例します。

腹圧が弱いと力が入らなくなってしまいます。

清宮幸太郎選手、吉田輝星選手など若手で

長時間のフライトが慣れていない??

そんな選手の調子が、腹腔が、気になります。

あれ!?2軍は沖縄だったっけ??



0回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin