肝臓疲労型持続性肩こり

最終更新: 2019年4月2日

3月は、「首が痛くて動かせない」「異常に肩が凝る」

首肩に関する不調不具合で来院される方が非常に多かった。


3月に入ってから何度か肩こり対策など

注意喚起していたのですが力不足でした。


目の動きから起こる肩こり

首をすぼめている横隔膜緊張型肩こり

内臓下垂型ストレートネック肩こり


これから増えてきそうなのが

肝臓疲労型持続性肩こり



新生活・新社会でのストレスや

初の一人暮らし、歓迎会などでの

食の不摂生からくる負担増

こういった不健康な生活が

肝臓を知らないうち疲弊させてしまいます。


肝臓が腫れると炎症感受性が上がります。

これは肩だけでなく体の各箇所で困らせます。


肩の不調を放置しておくと

肝臓に疲労が蓄積されて

しつこい肩こりだけでなく

浅い眠りで気力低下にも

なりかねません。

これが五月病に繋がります。


肝臓が右側にあるので

右肩に不調を感じる方が多いです。

※もちろん左肩の不調もあります。


右肩や右わき腹に重い辛さを感じたら

肝臓の動きに注意が必要です。

源整院整体の内臓活性法がお役に立てるかもしれません。


新生活に影響が出る前に

お身体を調整しておきましょう。




0回の閲覧

Copyright © 2018  sapporo seitai genseiin